友久航のブログ


by mop-tomohisa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

僕の住んでるマンションが青梅街道沿いなので、良く歩きます。


とある場所に、この時期になると色鮮やかになる歩道が。

普段は全く気付かない道
雨の降る
この季節になると
いつしか素晴らしい景色に


車道沿いに咲く。
b0087212_12502772.jpg


満開。
b0087212_12501543.jpg


葉っぱも生き生きしてる。
b0087212_12505894.jpg


初めて見る紫陽花。

b0087212_12504326.jpg


こっちも初めて。
b0087212_12503168.jpg


消化器も巻き込むほどいっぱい。
b0087212_134634.jpg


雨の日も楽しめる、そんな青梅街道です。
b0087212_125241100.jpg

[PR]
by mop-tomohisa | 2012-06-23 13:05
夏の飲み物、それはなんといっても『麦茶』でしょう!


正直、夏しか飲まない人も多いのではないかと思います。
まぁそれは個人の自由ですから、いいんです。
でもですね、夏しか飲まない人は、あの香ばしさがあれば『うまい!』と感じる事でしょう。

夏になるとコンビニにも並びだします。
AsahiさんやKAGOMEさんの『六条麦茶』が定番ですな。
これは間違いなくおいしいです。


夏のみならず、冬はホットでも飲んでいる僕にとっては、やはりおいしさは大切です。
要するに一年中飲んでるわけですな、うん。
安定感と価格で、僕がレギュラーで使っているのは伊藤園の『香り薫るむぎ茶』です。
毎日飲むものなので、コストパフォーマンスが重要ってことで。


本当はですね、AsahiさんやKAGOMEさんの『六条麦茶』がおいしいので購入したいんです。
六条大麦使用なので、間違いなくおいしい。
しかしながらなかなかのお値段。
伊藤園の『香り薫るむぎ茶』パックの値段で2ℓなんですから高い!


夏だけ、家庭で作る人も多いと思います。
どのメーカーのパック使ってもそれほど変わりないとお思いでしょう。
スーパーでたまたま特売の麦茶パックでもいいと。


がぁ、しかし!


僕はとうとう出会ってしまいました!
b0087212_14405851.jpg

コレです!はくばくの『丸粒麦茶』です!!
これはほんとにうまいっ。


ポイントは、

1、国産六条大麦100%使用。
2、焙煎された粒のまんまの麦が入っている。
3、テトラパックで煮出しに最適。
4、おいしいのに値段もお手頃。
5、むぎ屋さんが作ってるこだわりの一品。

ですな。


母親に教えてもらったのですが、これ飲んだらもう、他の麦茶は飲めないっす。
むぎ屋さんの情熱が伝わるおいしさですな〜。
パッケージにも書いてある通り、

『ちがいのわかる贅沢な味』

これ、ほんとです。
どっかのコーヒーのCMみたいですがね〜。


ちなみにこのボトルで冷やして飲むのが最高っす。
b0087212_1504984.jpg

ガラス製の鉄腕アトムボトル。なんと5年前に100円均一で売ってた!




今年の夏はおいしい夏になりそうです(^o^)。
[PR]
by mop-tomohisa | 2012-06-16 15:06
絵本は子供のためにありますが、大人が読んでもおもしろかったりします。
懐かしかったり、子供の頃にはわからなかった新たな発見など、また違った感覚で読めたりします。

しかしこれは違う!
完全に大人向けの絵本ですな。
STAR WARSを観た人、好きな人向けの楽しい絵本です。

b0087212_2240229.jpg

ダース・ヴェイダーとルーク(4才)

翻訳物でSTAR WARSのパロディ絵本です。
もしも、ヴェイダー卿がルークを育ててたら....。
ちゃんとルーカスフィルム公認の絵本。
中身を見たらルーカスも認める出来の良さで納得の一冊。
続編も期待してしまうほどの絵本ですな。

思わずニヤリとしてしまう、STAR WARS好きにはたまらない一冊なので。ほんとにオススメですよ〜。

b0087212_2246530.jpg

ウラ表紙の一コマ。

Amazonでも購入出来ますので、興味のある方はぜひ。
値段も手頃ですから。


しかし、ルークを育ててるってことは、レイアはどうしてるんだろ?
その答えもこの絵本でわかる?(^o^)
[PR]
by mop-tomohisa | 2012-06-09 22:49
北京最後の朝。
ラッフルズホテルの朝食は文句なしの美味しさ。
ブッフェスタイルで、卵料理はその場で作ってくれます。
もう毎日たらふく食べてお昼ご飯食べないときもあったぐらい。

疲れがあったのか、少しのんびりの起床。
チェックアウトは12時。
考えた結果、チェックアウトしてから時間いっぱいまで観光しようということに。


なんやかんやで10時頃にチェックアウト。
ガイドのソンさんとは12時30分に待ち合わせ。
タイムリミットは約2時間。
最初はまた王府井をぶらっとしようと思ったが、途中で思いついた『古観象台』へ。

『古観象台』は世界でも最古級の天文台。楽しみ〜。
地下鉄で2駅、建国門駅下車のなんと!1分とめちゃ近い!
地上に上がってすぐに城壁がっ。
b0087212_13295795.jpg

b0087212_13303481.jpg

高さがわかりますね。天文台だし、そらそうか。

b0087212_1333851.jpg

入口。由緒ある門構え。チケット購入して中へ。

b0087212_13364418.jpg

いきなり丸い入口がっ。中国っぽいなー。奥は庭っぽい。
その反対に階段がある。こちらが『古観象台』への道らしい。
b0087212_13383226.jpg

なが〜い階段。すると!
b0087212_1340115.jpg

国旗が印象的ですなっ。
b0087212_1341487.jpg

b0087212_13415053.jpg

b0087212_13542248.jpg

b0087212_13444728.jpg

天気が良かったので見晴らしも良く、気持ちよかった〜。


下に降りて庭?をお散歩してみる。
b0087212_13461363.jpg

b0087212_13474264.jpg

b0087212_13501875.jpg

日時計。これは天安門にもありました。

b0087212_13485367.jpg
b0087212_134718.jpg

これは誰だったかな、忘れた(^o^)。

b0087212_1357193.jpg

b0087212_13512158.jpg

b0087212_13521211.jpg


午前中の平日ってこともあってか、ほぼ貸し切り状態で堪能できましたね〜。
資料館もいくつかあって見応えありました。
ギリギリまで居たので、あわてて地下鉄で戻ります。

b0087212_1405034.jpg

ラッフルズホテルに帰ってきました〜。
もうお別れです。
北京首都国際空港までは1時間ちょっと。
ガイドさんが付いてると、ほんと安心出来ますね。
観光は自力でも、ホテルから空港の送り迎えはあったほうが便利かも。

空港に到着。
ソンさんとドライバーのシンさんにお礼とお別れを言って手続きへ。
お腹も減ったので、空港でバーガーキング。
b0087212_1492038.jpg

やっぱ安い。これで500円ぐらいだった。

搭乗時間まで待ってる間に、余った元で水を購入。
b0087212_14111826.jpg

斬新なデザインでかっこいいっす。
なぜか570mlって中途半端やな〜。
b0087212_1463780.jpg

帰りも、もちろんANA。
b0087212_14131276.jpg

北京よ、さよ〜なら〜。
b0087212_14145312.jpg

b0087212_14155218.jpg


東京に着いたら、いきなりの雨だった。
b0087212_14164176.jpg


一番びっくりしたのは、日本の湿気の多さ!
北京はめっちゃ乾燥してて空気が汚いんですが、日本の湿気はすごいねー。
雨ってのもあるけど。逆に空気はキレイに感じました〜。


長々と北京旅行記にお付き合いありがとうございました。
無事に日本に帰ってきて、中国への興味が大きくなりましたし、日本の良い所も再認識できて、海外へ行くのはいいなーと感じました。
これからは行ける限り、時間を取って海外旅行へ行こうと考えてます。
昔から沢木耕太郎の『深夜特急』に憧れてたもんで(^o^)。



次はどこへ行こうかなー。
[PR]
by mop-tomohisa | 2012-06-02 14:24
もう夕方に近くなってきた。
時間もないので、タクシーにチャレンジ。

初日にちょいビビってたびがウソの様に、サクッと止めて、乗って、降りた。
タクシーの運ちゃんも日本人ってわかってたし、親切に対応してくれた。
ほんとに北京市内は安全だと感じました。日本のタクシーと変わらないっす。

天壇公園に到着〜。
僕らは南門かた北門へ抜けるコースにしました。
チケット買ってさっそく中へ。

百聞は一見にしかず!ってことで写真をズラッといきますよ〜。
b0087212_20235956.jpg

いきなりの広さ。やっぱスケールはデカい!

b0087212_20262058.jpg

b0087212_20274875.jpg

b0087212_20283939.jpg

b0087212_202844100.jpg

b0087212_20294762.jpg


周りはグリーンに囲まれていて、アメリカの公園みたいだった。
b0087212_203183.jpg

b0087212_20313666.jpg

b0087212_2034748.jpg

b0087212_20365698.jpg

天井がとても鮮やかで奇麗だったなー。

b0087212_20351777.jpg

b0087212_20373725.jpg

のらネコ?なのか、とても人懐っこいネコでかわいかった!
なんかぺたーってなってた。

b0087212_20394474.jpg

気持ちのよい公園だったなー。ただもう広すぎてヘトヘトっす。
時間も途中で終わってしまったので、ぐるっと回って出口へ。
一旦ホテルに戻って一休みする事に。


ちょいと休んで、ここからは夜の街へ繰り出すぜぃ!
ホテル近くの『王府井』へ。
b0087212_20441110.jpg

『王府井』ゆかりの井戸跡。
もう街が彩られて奇麗で雑多な印象。
b0087212_20461355.jpg

b0087212_20482564.jpg
b0087212_20475760.jpg
b0087212_2047353.jpg

b0087212_2049178.jpg

珍味!?というかゲテモノ!生きてるサソリが並んでます。
これ焼いて食べるってさすがに無理っす!ヒトデもあるでよ。

b0087212_20504795.jpg

b0087212_20514383.jpg

ビール片手にぶらつきました〜。いやぁ堪能しましたなぁ〜。

b0087212_20551692.jpg

ほろ酔いでホテルに帰りました。
さすがに疲れがあったのか、ベットに少し横になったらそのまま落ちた(^o^)。


明日は昼にチェックアウトなので、午前中が観光ラストチャンス!
さてどこへ向かおうかな〜。
[PR]
by mop-tomohisa | 2012-06-01 21:04